妄想徒然紀行

僕という矮小な人間の大いなる退屈な日々の記録と、それにひっそりと横たわってくれる素晴らしき現象の記録。専門用語は使わず、ごくごく個人的な感想だけでつづります。
また、電子書籍始めました。宜しければご覧ください。http://p.booklog.jp/users/mousouman
<< トラックバックについて | main | itunes7の調子が悪い・・・ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
oasisのベストが出る


oasisのベストが発売されます。

oasisがいなければ、僕の人生はもうちょっと違うものになっていたと思う。

具体的にどう違う、とはいえないけども、oasisを知らなかったらもうちょっと悪い人生だったかもしれない。実は、もっといい人生だったかもしれないけど。それは、勿論誰にも分からないし分かる必要もないのだと思う。

彼等に出会うまで、僕はとかくビクビクした人生を送っていた。簡単に言えば、「自信がなかった」のだ。自分の思っている事ややっている事がひょっとしたら周りから見たら物凄く駄目なことなんじゃないか、と意味もなく思っていた。

oasisを聞いて、そんな自分を打破できた気がする。何か、実は物凄く簡単な事で、下らない事なんかに悩む必要なんて全然なくって。
「自分を持つ」なんて、陳腐でありふれた言い方だけど、これが難しい。
でも、分かってしまえば物凄く自然な事だった。

こうして、僕は今では「無礼」「傍若無人」「無頓着」とまるでデリカシーが全くないような形容詞を並べられるような人間になった。これがいいことなのかどうかは分からないけど、少なくとも楽になった。

周りは周りで、僕は僕なのだ。周りの人間が僕に与える影響なんてほとんどない。

こんなシンプルで、最強の思想を教えてくれたのは、oasisだった。

このベスト盤の収録曲が必ずしもいいかどうかはともかく。聞いてみてほしい。君がまだ間に合うのならば、きっと何かを感じる筈だから。

信じろ。信念を。モーニンググローリーを。越えて。
| モウソウマン | よいアルバム【洋楽】 | 15:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 15:11 | - | - |









http://mou-sou.jugem.jp/trackback/312
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

このページの先頭へ