妄想徒然紀行

僕という矮小な人間の大いなる退屈な日々の記録と、それにひっそりと横たわってくれる素晴らしき現象の記録。専門用語は使わず、ごくごく個人的な感想だけでつづります。
また、電子書籍始めました。宜しければご覧ください。http://p.booklog.jp/users/mousouman
<< 大学生時代の事 | main | 好きな事を仕事にするという事 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
「砂漠の流刑地」(ふくろうず)


「砂漠の流刑地」(ふくろうず)


2011年6月発売。ふくろうず3ndアルバムにしてメジャーレーベルデビューアルバムのリードシングル。

いや参った。僕はこのバンドはデビューの時から好きで、アルバム毎にぶっとばされてきたもんだけど、この新曲にもやっぱり降参せざるを得ない。

アルバムタイトルとこのジャケ写真は前からリリースされていて、何だか随分と奇抜な感じにいっちゃったなあと思っていた。

このバンドのいい所は、かっこつけずに、その辺にいそうな大学生が、決して奇をてらわなずに等身大の音楽を楽しみながらやってる所だと思うのだ。そして、普通の癖に物凄くいい曲という。バンドプロフィールにある「普通のJ-popバンド」という言い方が全てを表している。

だから、メジャーデビューと同時に変な方向(音楽的革新みたいな)にいっちゃったんじゃないかと心配していたのだ。

で、この新曲。全然ふくろうず。今まで通り、2011年の僕達の日常的な音楽で、別に目新しい事も個性的な事も何もしてない。

でも、物凄くいい曲だ。身も蓋もない言い方だけど。

行く先も見えないし大して誇れる個性もないし、でも人生は普通に送れてしまう、どっかで冷めた世代の僕達の日常のアンセム。

エキセントリックで、メロンコリック。ギターのノイズがシューゲイザー。
だから、否応無しにスーパーカーを思い出してしまうんだけど、何だかそこにNumberGirlの匂いも感じてしまうのは僕だけだろうか。

遠くの方がキラキラしてて、ただただそれを見つめていて、別に声は出ないんだけど、ちょっと泣きたいような気分がしちゃう。

で、ふくろうず特有(というか内田さん?)のちょっとした毒というか悪戯っぽさが加わってる。

ああ、いい。今年のNo1ソングは既に「ごめんね」で決定していたのだけど、ひょっとしたら抜いちゃうかも。
ライブが楽しみ。

あと、PVの内田さんが可愛すぎる。冷めた顔してちょっとぶっとんでて、何だか癖っけのあるこの感じが、たまらなくタイプです。

| モウソウマン | ご近所の名曲【邦楽】 | 00:45 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 00:45 | - | - |









    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

このページの先頭へ