妄想徒然紀行

僕という矮小な人間の大いなる退屈な日々の記録と、それにひっそりと横たわってくれる素晴らしき現象の記録。専門用語は使わず、ごくごく個人的な感想だけでつづります。
また、電子書籍始めました。宜しければご覧ください。http://p.booklog.jp/users/mousouman
<< 全然更新できておりません | main | 効率の悪い生き方 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
正しい生き方
仕事柄、どんな人生を送っていくべきなのかを考える事が多い。

あ、いきなり話は変わって本当に久々の更新となってしまった。まあ、忙しかったし何となく何かを書く場所がfacebookに移行しちゃったからだと思うのだけど、元々このブログは知っている人にはほとんど教えておらず、超個人的な本音を書く場所だった筈だから、facebookとは本来的には持たせている機能は異なる筈なのだ。

でも、ここで書かずにFBで書いていた。この意味は、きっと何か大きな秘密があるのだと思うのだけど、それはまた次の機会。

そう、FBで書くのはちょっと躊躇われる事があるから、またここに来たのですね。
人間というのは当然ながら色んな顔があって、それを使い分けて生きている。裏表があるともいうけど、それはそれでいいんじゃないかな、と思う。仕方ない。

で、本題。どんな生き方をすべきかだ。

勿論、答えなんてないし、僕なんかが偉そうに答弁たれるような問題でもない。

でも、思うのだけど、世の中ってのは思った以上にドロドロしている。
大袈裟な話をしなくても、僕レベルの日常の話でも、相当ドロドロしている。
色んな人が色んな思惑があって、騙し騙され、譲って押して、息継ぎしながら生きている。
僕だって品行方正ではないし、ドロドロの塊だ。

僕は元々、性悪説の人間だ。ドロドロ、上等。認めようじゃないか。そう、僕らはみんな、汚れている。

問題は、そのドロドロとどう付き合っていくか、という事。 
うまく帳尻をあわせ、何となくやり過ごす生き方が、きっと日本人には一番合っている。
調和を重んじ、波風立てず、気づかないふりをして、やり過ごす。

それで済む場合はそれでいいと思う。問題は、それで済まない場合、つまり、やり過ごすと自分に害が及ぶ場合だ。

そうした時には、僕らはそれに抗わなければならない。闘わなくてはならない。
自分の存在と尊厳と人生の為に。

そして、それはなかなかにハードだ。辛いときがある。世界の誰も、自分を味方してくれない時がある。誰も分かってくれず、自分一人で自分一人のために闘う。

これは、孤独だ。

しかし、人生とはそういうものなのだろう。その連続なのだ。

孤独でも、一人でも、怖くても、泣きそうでも、もう止まれない。僕らは闘うしかない。もうこれは、戦争なのだ。

願わくば、一人でもいいから、僕の事を理解してくれる人が欲しいと思う。
そうすれば、僕はきっと一人でも闘える。
| モウソウマン | 日々雑感也 | 00:21 | comments(2) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 00:21 | - | - |
一人でも分かってくれる人がいれば闘える…共感です!
私も日々、そんなふうに思いながら、そういう人がいることを
信じながら闘ってるような気がします。
| rika | 2012/05/30 10:01 PM |

rikaさん

こんばんは、コメントありがとうございます。

そうですね。いつもそう思ってる訳ではないのですが、時々どうしようもなく孤独な闘いをしているような気がする事があります。
実際には、僕らの周りには色んな助けてくれる人がいる。それに気づけるか気づけないかで大きく違うと思います。

闘いましょう。
| モウソウマン | 2012/06/02 2:54 AM |










      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

このページの先頭へ